1012345678910111213141516171819202122232425262728293012

category :未分類

No1 オイッサ  オイッサ 山笠があるけん博多とよ

初めまして(* ´ ▽ ` *)

今年も無事に追い山が終わり
夏本番の博多の街
生まれ育っためんたい娘です。

日本の祇園三大祭りの一つ
博多祇園山笠は七月一日~十五日の追い山まで
山笠一色で胡瓜の輪切りの断面が櫛田神社の家紋に
似とうけん十五日の追い山まで胡瓜
食べんで過ごすっちゃんね~🥒
小学校の給食でもこの時期は胡瓜が消えたりするとよ

そんな博多生まれのめんたい娘は、
とても食いしん坊で
海産物・青果を食べてスクスク育ったけん、
美味しいものの話をすると止まらんとよ~♪
めんたい娘は いいね がすいと~けん
楽しかったらプッチとお願いします。
   頑張るけんね(」*´∇`)」

 初回なので博多のお話です
博多を表すのに絶対知るべき人 童画家  西島伊三雄さん
うまかっちゃん”ハウス食品のラーメン
食べたことありますか??

このうまかっちゃんのパッケージの絵
福岡市の地下鉄の各駅ロゴマーク
山笠の絵葉書など博多を表現する絵は
西島先生の作品がほとんどです。
少し丸みのある人々の優しさ・活気とても
暖かく博多で生まれ育った先生の博多愛が伝わります。
山笠の追い山で、一番山だけが歌う
祝いめでた』先生の絵葉書です。

11

来福の時は是非、地下鉄の各駅のマークもみてくださいね(^∇^) 

駅や街のイメージが伝わります。
そしてお土産は辛子明太子ですよね。
辛子明太子は朝鮮でスケトウダラを明太(ミョンテ)
呼ぶことの由来で方言で メンテ と発音することから
日本独特の辛子明太子となったらしいです。

昔はまぶし型で唐辛子などをまぶして作られ
歴史の中で、『ふくや』の川原社長が若い頃食べた
釜山の明卵漬のキムチに近い味の記憶を基に
漬け込み型を考案され、今の辛子明太子があります。
川原社長は明太子の文化を広める為にあえて製造特許を
収得せず、明太子を作りたいという人に惜しげもなく
作り方を教えました。
川原社長の器の大きさで今の辛子明太子の業界があります。
博多座でお芝居やTVでもドラマになりました

12.png

辛子明太子は一本物・切子・切れ子・バラ子・くづれ子など
形の表現があります。
味も辛口・中辛・マイルド
お店も味も見て、味見して買ってね。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*

 ❋めんたい娘のおまけ
今超人気のめんべいがあるとよ♪

14.png


辛子明太子のせんべいで、軽いけんお土産に売れよーと。
ビールとペアなら止まらんよ~!
初回は
博多の街とめんたい娘のPRです♪
美味しい話を届けるけんね
待っとてね~

テーマ:ご当地グルメ
ジャンル:グルメ

最新記事

カテゴリ

カウンタ

リンク

ランキング

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR